こま レクイエム

こまが逝って一年経ちました。
あの時、深い悲しみに寄り添ってくださった方々に改めまして心からのお礼を申しげます。

1994年11月、縁あって家の子になったこまと過ごした17年は、
私たち家族にとって永遠にかけがえのないものになりました。

家に来た当初の3日間わんとも発しないほどに緊張してたこまが
しだいに家族に馴染んでいった軌跡が、それこそ山のような写真からもはっきりと見て取れ
思い出を紐解くように眺めてることがあります。

触れ合うことができない寂しさはあるけど、ただ寂しいだけじゃない、
胸が締め付けられて涙することもあるけど、乾いた涙じゃない。。。。
言葉で表現するのは難しいけど、温かさと包み込むような優しさで充たされているような そんな想いでいます。

きっと、こまがせっせと積み立ててくれた幸せ貯金のおかげだと思います。

亡くなる前 5年間のこまです。

2007年5月 こまと言えばベビーバスでしょう、リラックス度満点。
d0109071_1132464.jpg


2008年6月 まだまだ元気いっぱいで散歩してました♪
d0109071_1135633.jpg


2009年1月 大好きなリビングでお昼寝
d0109071_1144889.jpg


2010年10月 体の丸みは無くなったけど、表情に優しさが増しています
d0109071_1161837.jpg


2011年1月 雪の日も散歩は欠かしませんでした
d0109071_1173998.jpg


一生親ばかでいられるほど、気持ちが優しくてほんとに可愛い子でした。
by yumemirukoma | 2012-12-24 11:55